契約データベース・電子ジャーナルを学外から利用する(学認:GakuNin)

熊本大学は、学術認証フェデレーション(学認:Gakunin)に参加しています。
熊本大学IDを使って学認によるログインを行うと、キャンパス外からでも対応する電子ジャーナル/データベースが利用できます。
 
※特にソフトは必要ありません。ブラウザ・PDFビューアで利用できます。
※設定次第では、スマートフォンやタブレットからでも利用できます。
 
利用可能な電子ジャーナル/データベース
SpringerLINK(Springer 社)
Science Direct (Elsevier 社)
Scopus (Elsevier 社)
Ovid SP (Ovid社)
Nature (Nature Publishing Group)
 ※右上のログインをクリック
  →LOGINボタン下の「Login via your Institution」をクリック
  →SearchフォームにKumamotoと入力してください。
 以降は通常の利用方法と同様です。
 
学認のログイン方法については、総合情報統括センターのホームページもご覧ください。
 
  「学認」の利用について(総合情報統括センター)
 
 
設定作業中/検討中の電子ジャーナル/データベース
・Web of Knowledge(JCR・Endnote Webを含む)
  (Thomson Reuters社)
・Serials Solutions (Serials Solutions社)
 (学外からも検索できるようになりました)