講演会

熊本大学 生命倫理研究会の第1回公開セミナーを附属図書館中央館ラーニングコモンズで開催いたします。広く学内外からのご参加を受け付けておりますので、多くの方々のご参加をお待ちしております。
 
熊本大学 生命倫理研究会 第1回公開セミナー
日本の生命倫理は先端研究に追いついているか?
 
iPS細胞、クローン技術、キメラ胚……医療や生命科学は日々、飛躍的に進展しつつある一方で、倫理的、哲学的な課題を抱えています。熊本大学 生命倫理研究会では、今回、研究不正の社会的構造と、ヒトES細胞研究の倫理性についてそれぞれ専門家にご講演いただき、先端研究と倫理について議論します。
 
【日時】  平成28年3月9日(水)14:00-16:30
【場所】  熊本大学附属図書館中央館
熊本大学学術資料調査研究推進室
 「ハーンの『東の国から』発刊120年記念シンポジウム」を開催します。
 
 ラフカディオ・ハーンは19歳の時、移民船でニューヨークに着き、アメリカ合衆国で主にジャーナリストとして活躍。約20年後、来日。 第1作の『知られざる日本の面影』(1894)はハーンの熊本滞在中に刊行される。第2作となる『東の国から』(1895)は、熊本滞在中(1891.11-1894.10)に取材・見聞・体験したものが中心的内容となっています。
熊本大学学術資料調査研究推進室公開講演会
 ハーン没後110周年記念講演 「ハーンの記憶」を開催します。
 
日時:平成26年10月14日(火) 14:40~16:10
場所:熊本大学附属図書館(中央館)1階
---------
【講演1】
演題:ラフカディオ・ハーンて誰?
講師:アラン・ローゼン(熊本大学五高記念館客員教授・元熊本大学教授)
     
【講演2】
 大学教育機能開発総合研究センターでは、これからの大学教育の在り方について、新しい試みや挑戦に対する展望を持つことが重要であると考え、平成17年度から「21世紀型大学教育セミナー」を企画し、開催しております。

  仕事や日常生活で書かれる文章は報告書、広告文、契約書、メールから手紙や日記まで多岐にわたります。そして大学では「アカデミック・ライティング」、すなわち学術的文章の執筆が重視されています。なぜ、この文章ジャンルを大学生に教えるのでしょうか。アカデミック・ライティングの効果的な指導とはどのようなものでしょうか。
 本講演では、東京大学で初年次ライティング教育に関わってきたトム・ガリー教授をお招きし、理論と実践の両面からアカデミック・ライティング教育についてご講演いただきます。(講演は日本語で行います。)

開催日時:平成26年8月27日(水)14:30~16:00

開催場所:熊本大学附属図書館中央館
   1階 ラーニングコモンズ ライティングサポートエリア
 大学教育機能開発総合研究センターでは、これからの大学教育の在り
方について、新しい試みや挑戦に対する展望を持つことが重要であると考
え、平成17年度から「21世紀型大学教育セミナー」を企画し、開催してお
ります。
 このたび、昨年10月1日に本学附属図書館がリニューアルオープンした
ことを機に、大学教育における図書館の役割について再考し、多様な学び、
特色ある学修支援の実現を目指して本セミナーを開催することとなりました。
 
※詳しくはリンク先(熊本大学ホームページ)およびポスター(pdf)をご覧ください。
 
2013年度の展示・講演会は終了しました。
多数のご来場、どうもありがとうございました。
 

 
第29回熊本大学附属図書館貴重資料展・公開講演
会(第8回永青文庫セミナー)を以下のとおり開催します。
 
【展 示】
「永青文庫資料にたどる『物語史と絵』」
◇期間:平成25年11月2日(土)〜11月4日(月)
     9:30〜16:30
◇会場:熊本大学附属図書館一階 古文書閲覧室
 
【公開講演会・第8回永青文庫セミナー】
「物語史と絵」
◇講師:森 正人(熊本大学社会文化科学研究科教授)
◇日時:平成25年11月2日(土)
     14:00〜15:30
◇会場:放送大学熊本学習センター講義室(中央館隣)
熊本大学附属図書館(中央館)リニューアルオープン記念
熊本大学学術資料調査研究推進室公開講演会
 「ハーンのまなざし」
を開催します。

【講 演】坂元昌樹 (熊本大学文学部准教授)
      テーマ:日本文化の中のハーン
     濱田 明 (熊本大学文学部教授)
      テーマ:フランスにおけるハーンの受容
   
【日 時】平成25年10月17日(木) 14:30~16:00

【場 所】熊本大学附属図書館1階グループ学修室

 入場無料、どなたでも参加できます。
 詳しくはポスター(PDF)もご覧ください。
 
公開講演会・第7回永青文庫セミナーを以下のとおり開催します。

 演題:「竹原家故実と細川藩」
  ◇講師:高濱州賀子(熊本大学文学部附属永青文庫研究センター客員准教授)
  ◇日時:平成24年11月3日(土)文化の日 14:00~15:30
  ◇会場:熊本大学文法棟1階A2講義室

     ※参加費は無料です。

          詳しくはチラシ(PDF:7.6MB)ご覧ください。
<講  演>
 ・西 槇  偉  (熊本大学文学部准教授)
   「師弟関係の物語」-ハーン『英語教師の日記と手紙』と
   アミーチス『クオーレ』と豊子愷『教師日記』をめぐって-」
 ・池 田  志 郎 (熊本大学教育学部准教授)
   「ハーンの描く女性像」

<日  時>
 平成24年7月4日(水) 14:30~16:00

<場  所>
 熊本大学附属図書館(中央館)2階 会議室
   (熊本市中央区黒髪2丁目40番1号)

                      -入場無料-

   ※詳しくはポスター(PDF)をご覧ください。
 
コンテンツ配信