沿革

 
沿革 History 組織 Organization サービス Services
1949.5   国立学校設置法に基づき熊本大学が発足。第五高等学校図書館が附属図書館本館、熊本師範学校と熊本青年師範学校の図書室が教育学部分館、熊本医科大学図書館が医学部分館、熊本薬学専門学校図書室が薬学部分館、熊本工業専門学校図書室が工学部分館となった。 1949.5  事務長の下に庶務係、会計係、司書係及び各分館図書係を置いた。  
    1950.6  「附属図書館規則」を施行。
1954.9  庶務係、会計係、司書係が管理係、整理係、運用係となった。
1957.2  本館第一期工事(閲覧室・事務室)竣工。(3月2日落成式、4月開館)    
    1960.2  「附属図書館規則」を改正。「附属図書館協議会規則」「附属図書館長選考規則」「附属図書館事務分掌規則」「附属図書館資料閲覧規則」を施行。
1960.5  「附属図書館委員会規則」を施行。
1960.6  教育学部分館を本館に統合。工学部分館が工学部分室となった。 1960.6  参考係を新設。運用係が閲覧係となった。
1961.3  医学部分館を新築。(管理棟に併設)    
1961.7  本館第二期工事(書庫5層)竣工。
    1963.5  管理係が総務係、整理係が受入係と目録係、医学部分館図書係が整理係と運用係となった。
1966.8  薬学部分館(閲覧室・事務室)を改築。     1966.10  指定図書制度を実施。
1969.3  医学部分館(書庫)増築工事竣工。    
1970.4  薬学部分館を改築。(管理棟に併設)
1973.1  中央館竣工。(3月26日落成式、4月開館)
1976.3  医学部分館を改築。
    1978.9  時間外開館を開始。(中・医)
1979.4  工学部分室図書係を廃止。事務部長の下、整理課に総務係、受入係、目録係、閲覧課に閲覧係、参考係、学術雑誌係及び各分館図書係を置いた。    
1983.8  ブックディテクションシステムを導入。(中)     1983.8  鞄類の館内持ち込みを自由化。(中)
    1984.1  専門員を新設。 1984.11  貴重資料展及び公開講演会を開始。(中)
    1987.4  情報処理センターと協力して図書館業務電子化システム開始。
 閲覧用カード目録の作成を中止。
1987.6  阿蘇家文書が国指定重要文化財。 1987.6  学術情報センターと接続。目録システム(NACSIS-CAT)運用を開始。
1988.3  薬学部分館竣工。 1988.4  整理課が情報管理課、閲覧課が情報サービス課となった。    
1989.3  貴重書庫内に特別収蔵書庫を設置。(中)     1989.5  熊本大学研究者情報検索システムを公開。
1990.2  図書館専用電子計算機(FACOMM34O)を導入。    
1991.4   ブックディテクションシステムを導入。(医)  1991.4   「附属図書館資料閲覧規則」を廃止。「附属図書館利用規則」「附属図書館利用細則」「附属図書館貴重書及び特殊文庫資料利用規則」「附属図書館貴重資料指定基準」「附属図書館一般市民等利用要項」を施行。  1991.4  医学文献情報(MEDLINE CD-ROM版)サービスを開始。(医)
 時間外開館を開始。(薬)
1991.6  学内LAN対応オンライン目録検索サービス(OPAC)を開始。
    1992.3   工学部分室の業務を中央館に統合。  1992.4  週休二日制に伴い土曜開館を開始。(医・薬)
 ILLシステム(NACSIS-ILL)運用開始。
1992.10  週休二日制に伴い土曜開館を開始。(中)
    1993.4  医学文献情報(MEDLINE CD-ROM版)サービスを開始。(薬)
1994.4   新学内LAN(KUIC)運用を開始。 
1994.10  身障者用スロープ・トイレ・エレベータを設置。(中)
    1995.4   熊本県大学図書館協議会に設立メンバー館として参加。  1995.3  UNIX版OPAC(24時間)を開始。
1995.4   24時間開館を開始。(医)
1995.7  蔵書目録遡及入力を開始。
1995.10  図書館Webサイト及びWeb版OPACの公開。
1996.3   ATM情報ネットワークシステムによるデータベースサーバを設置。      1996.3  医学文献情報(MEDLINE)及び化学文献情報(CAonCD)ネットワークサービスを開始。
1996.5  休日開館を開始。
1997.3  書庫に電動書架(第一期)を設置。(中) 1997.4   情報管理課に総務係、図書情報係、雑誌情報係、電子情報係、情報サービス課に資料サービス係、電子サービス係、相互利用サービス係、医学情報サービス係、薬学情報サービス係を置いた。  1997.4   24時間開館を開始。(薬) 
1998.3  工学部分室を中央館に統合。 1998.4  「附属図書館協議会規則」「附属図書館委員会規則」を廃止。「附属図書館規則」を一部改正。「附属図書館運営委員会規則」を施行。 1998.9  利用者からのオンラインによる図書館間相互利用サービス(ILL)の受付を開始。
1999.2  全学共同データベースサーバを設置。 1999.11  熊本大学学術資料調査研究推進室を設置。(中央館) 1999.4  図書館ガイダンス及び一般市民への図書貸出サービスを開始。(中)
    2000.4   「附属図書館利用細則」を一部改正。  2000.4  開館時問を午後9時まで延長。(中)
 総合科目講座「情報メディアとネットワークの活用」を開講。
2000.8  ケータイ版Webサイト及びOPAC配架マップを開始。
 オンライン学生希望図書受付を開始。
2001.3   書庫に電動書架(第二期)を設置。(中)      2001.4  電子ジャーナルパッケージ
Science Direct サービス開始。
2001.9  Web of ScienceとLexis-Nexisサービスを開始。
2001.10  JSTORサービスを開始。
2002.3  ギガビットサーバシステムを設置。 2002.1  オンラインレファレンス受付を開始。
 SciFinder Scholarサービスを開始。
2002.4   カード式入退館システムを設置。(中)  2002.4  開館時間を午後10時まで延長。(中)
2002.7  JCR Web版サービスを開始。
2003.3  書庫に電動書架(第三期・積層式)を設置。(中) 2003.3  ACM Digital Libraryサービスを開始。
2003.4  館内全面禁煙を開始。(中)
2004.3  書庫に電動書架(第四期・積層式)を設置。(中)     2004.2   lNISデータベースサービスを開始。 
2004.4  国立大学法人熊本大学発足。 2004.4   学術研究協力部長の下、学術情報課に学術情報企画係、図書情報係、雑誌情報係、電子情報係、図書館サービス課に副課長、資料サービス係、電子サービス係、相互利用サービス係、医学情報サービス係、薬学情報サービス係を置いた。 
2004.12  医学部分館を医学系分館に組織及び名称変更。
2006.3  附属図書館南棟・放送大学熊本学習センタ一合築棟竣工。(4月記念式典、開館) 2006.7   学術情報総主幹の下、図書課に副課長(総務管理担当)、総務担当、図書担当、雑誌担当、副課長(サービス担当)、電子情報担当、閲覧担当、利用相談担当、相互協力担当、医学系分館担当、薬学部分館担当を置いた。  2006.5   熊本大学学術リポジトリ運用開始。 
2006.9  南棟地階に二層化書架を設置。 2006.9  阿蘇家文書修復完成記念「阿蘇の文化遺産展」開催。(於県立美術館)

 

 
    2007.2  図書館システムを熊本大学統合認証システム対応とし、学生用PCを大幅増設。
2007.4 
 Web of Scienceのサービスを停止し、Scopusのサービスを開始。
(2013.4より両サービス利用可能となった。)
2008.4   学術情報部長の下、図書課に副課長(総務管理担当)、総務担当、図書担当、雑誌担当、副課長(サービス担当)、利用サービス担当、電子情報担当、利用相談担当、医学系分館担当、薬学部分館担当を置いた。 2008.4   午前8時40分開館を開始。(中)
2008.5   「東光原文学賞」を創設。
2009.4  医学系分館新築。(医学部医学教育図書棟に併設)        
    2010.4  学術情報部長の下、図書課に副課長(総務管理担当)、総務担当、図書館管理担当、副課長(サービス担当)、図書館サービス担当、医学系分館担当、薬学部分館担当を置いた。 2010.3
 
  「町在」解析目録のデータベースを公開。
 
2010.10  教育研究推進部長の下、図書館ユニットにチームリーダー(図書館管理チーム)、総務担当、図書館管理担当、チームリーダー(図書館サービスチーム)、図書館サービス担当、分館担当を置いた。
2011.4  図書館サービスチームの一部を業務委託。 2011.4  Web予約サービス開始。
2011.10  Twitter 試行開始
2011.10  重要文化財「阿蘇家文書」写真をホームページ公開。
2012.1  新蔵書検索システム(OPAC+)の提供開始
    2012.4  閲覧担当と利用相談担当が利用支援担当となった。 2012.4  図書館ホームページを一新。
2012.5  リポジトリ10000件突破。
2013.4  グループ学修室をオープン。(医)     2013.12  学認システム開始。
2013.6  永青文庫<寄託資料>「細川家文書(266通)」が国指定重要文化財。
2013.7  中央館耐震・リニューアル改修竣工。(10月記念式典、開館)
        2014.5  TAによる学修サポート開始。
    2016.4  教育研究支援部長の下、図書館課に図書館管理チーム(総務担当、図書担当、雑誌担当、電子情報担当)、図書館サービスチーム(利用支援担当、分館担当)を置いた。 2016.7  「平成28年熊本地震」に関する資料の収集開始。
2016.10  「熊本地震ライブラリ」を公開。